スケッチ・ショウ

好きなことを好きなだけ

自己啓発本や仕事本を読まないとモチベーションを保てない問題

自己啓発本とか仕事術の本って何がおもしろいんだろうかと思って今までほとんど読んでこなかった。
30過ぎてちょっと仕事に行き詰まりを感じていて、軽い気持ちで本田直之の『レバレッジリーディング』を読んでみたらとにかく本を読め、とあった。
思うに、行き詰まるということは、自分の中に仕事に関するネタがなくなったということ。何もないところから花は咲かない。だからまずは"土壌"として仕事術や自己啓発本を片っ端から読んでいる。

この手の本は数多あるが、特に時短術なんかはすぐに実践できることや気持ちを変えてくれることが載っていて、すぐに日々の仕事に持ち込むようになった。
少なくとも、ルーチンとか抱えてる仕事以外に職場でやりたいことが出来ると、仕事が自分の手の中に入ってきて楽しくなる。
自己啓発本や仕事術本は、いわゆる読書としてのおもしろさはない。でも、ある意味では小説やエッセイよりも自分に近いことが書いてある。そういう視点でみれば、これもまたおもしろい本だ。