スケッチ・ショウ

好きなことを好きなだけ

戸部田誠『タモリ学』

密室芸からニッポンのお昼の顔を経て、いまや趣味人の好々爺。これぜんぶタモリーーー

いいとも終了の前後に乱発されたタモリ本のなかでは異色の、関係者にも本人にも直接取材することなく、文献とラジオとテレビをソースに書きあげたタモリ本。それゆえ内容に目新しさはないが、最もお茶の間に近いところからタモリを考察しているともいえる。
※本編とは関係ないところだが、挿絵が『団地ともお』の小田扉なのが個人的にツボ。