読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スケッチ・ショウ

好きなことを好きなだけ

『仙台ぐらし』伊坂幸太郎

仙台在住の伊坂幸太郎さんが仙台のコミュニティ雑誌『仙台学』に連載されていたエッセイと、何本かの短文と短編小説。

 
エッセイは震災の前後に書かれたもの。東京の文化人たちが震災について熱い思いを抱いていたのと対照的に意外に淡々と震災のことを書いているのが印象的。ご本人の性格もあろうが、被災地に暮らしている人の気持ちというのは案外こういうものかもしれない。
 
震災以外では、街中で知らない人に声をかけられるとつい読者だと思ってしまい、意識するが実は読者ではなく、自分のうぬぼれを恥じるということを何度も繰り返しているのがちょっと笑えた。
 

 

 

 

 

 

 

仙台ぐらし (集英社文庫)

仙台ぐらし (集英社文庫)

 

 

 

仙台ぐらし (集英社文庫)

仙台ぐらし (集英社文庫)