スケッチ・ショウ

好きなことを好きなだけ

引越の挨拶にはお米を贈ろう

飛び飛びのマンション購入記ですが、もう引き渡しが終わって引越を待つのみです。
引越に先立って新しく買ったエアコンの設置工事があったため、前もって両隣と上下の部屋へ挨拶に行きました。
挨拶自体は大して悩むこともないですが、案外悩むのが挨拶の品物です。
これまで一人暮らしも含めると4回引越をしていますが、お菓子を渡してみたり、タオルを渡してみたり、サランラップを渡してみたりと試行錯誤してきましたが、やはり今回も悩みました。

もらう立場で考えてみると、タオルはNGですね。こだわらない人ならいいのですが、同じ種類で揃えてたりすると、そこに一枚だけ、しかも趣味の違うタオルなんかもらうと本当に困ります。

サランラップは買うと意外と高かったりするのでいいかなとも思いますが、挨拶の品物としては味気ないですね。後々「サランラップの人」呼ばわりされそうだし。

お菓子はいいですね。やっぱり贈答品は消えものがいいです。ただ煎餅か饅頭か、バームクーヘンかマドレーヌか、と悩みに入ってしまいます。甘いものが苦手な人だったらどうしよう、とか、煎餅は入れ歯だときついよね、とか。

そんな逡巡を経て今回は、お米をお渡ししました。
米もらって嫌な気分になる人はそうそういないですよね。
1合の米に名前も入っているので引越挨拶にはもってこい。
引越挨拶の品物に悩んだらお米。
おすすめです。

【引越し挨拶のギフト】魚沼産コシヒカリ3合(450g)真空パック<br>お米/引っ越し/挨拶/粗品/景品/プチギフト/手土産/