スケッチ・ショウ

好きなことを好きなだけ

無神経な奥歯

左上の奥歯がひどい虫歯になり、昼休みに歯医者でガリガリやってきた。掘ってみたらやはり神経まで虫歯が届いていたらしく、その場で神経をとった。
麻酔をしていたのでそれほどの強い痛みはなかったが、神経を器具でカリカリ取り除いてく感触はなんだか気色が悪く、思い出すとゾワッとくる。
虫歯と神経を削り取った結果、いま左上の奥歯は歯茎から2ミリしかない。
舌でいじくってた左上の奥歯の感触はもうない。こんなにあっさりとなくなってしまうなら、もっとちゃんとお別れをしておくべきであった。

噛み合わせが変わると、なにか生活の大事な要素が大きく変わってしまうような気がしてならない。
だから、乳歯の生え代わりの時期はほんとうに憂鬱だった。その気持ちを20年ぶりに思い出した。
この虫歯が治ったら、ちゃんと定期検診に通おう。歯の痛みを気にせずに暮らせることのありがたみを噛みしめよう。歯だけに。
広告を非表示にする