スケッチ・ショウ

好きなことを好きなだけ

松井のインタビュー①

松井秀喜 独占インタビュー「導かれるままに、アメリカで」 http://yahoo.jp/K4yGeW

 

松井はヤンキースの3A、2Aを月のうち2~3週間視察。

特定の選手を指導はしないが、まんべんなくメジャー傘下の選手を指導。一流選手に共通する部分をアドバイスすることが多い。

ヤンキースではGMへのアドバイザーを勤め、16年シーズン途中ではジーターが現役引退を表明、同時期にチームの若返りを進言してチームは息を吹き返す。

ヤンキースにいるのは「誘われたから」。

教えるという行為は得るものが多いと言う。松井クラスでも、まだ日々学んでいる。学び続ける姿勢が、彼を松井たらしめたのだ。

松井は過去に浸らない。