スケッチ・ショウ

好きなことを好きなだけ

NANO-MUGEN FES.2012

昨年に引き続きナノムゲン。
去年は1日目オンリーで残尿感があったので今年は2日目。
見たのは
Chara
10-FEET
チャットモンチー
MOTION CITY SOUNDTRUCK
the HIATUS
FOUNTAINS OF WAYNE
SUEDE
AKG
…メインステージはほとんどやね。


CharaはどこまでいってもChara。いい歳の取り方してます。
「やさしい気持ち」よかったーーー。


10-FEET。去年の音博ではアコースティックステージだったので楽しみにしていたんだけどやっぱりバンドセットかっこいい。
アツい(暑苦しいぐらい)演奏と芸人気質なMCの緩急というスタイル、90年代後半〜00年代前半のメロコアバンドの王道ではあるけど素晴らしい。メロコア育ちとしてはすごく安心する。
客層の幅広さも特筆もの。親子連れから10代まで。既存のファンは一定数ついてくるものと思うが新規のファン層を開拓し続けているのはすごい。バンドT率はAKGを除いては一番。ナノムゲンではアウェイだけどこれからもこういうバンド呼んでほしいなあ。


チャットモンチー。アッコとはしえりが曲ごとに楽器をとっかえひっかえする、基本的に二人だけのライブ。途中ゴッチPの参加で2曲。
パートを固定せずあらゆるカタチで演奏するスタイルは力強く、初めて楽器を触った初期衝動だけで動いているような、超大型新人のような感じ。その良さは十分に伝わったんだけど、どこかでここに居ないあと一人を模索しているような手探り感も。過渡期の貴重なライブを見れたのかもしれない。


MOTION CITY SOUNDTRUCK。今回洋楽勢に関してはまったくのノーマークだったけどもこれはよかった。アコースティックなのに骨太な演奏と、気のいいボーカル。すごく心地よかった。これはCD借りて聴こう。しかしおれは日本びいきのガイジンに弱いな。


the HIATUS。これは今まで何度か見る機会があったんだけどどうもしっくり来ずにいて、今回も見たけどやっぱりだめ。細美ワールドが馴染まない。途中で離脱。


FOUNTAINS OF WAYNE。「♪ステイシーズマーム」でおなじみですね。あまり印象が残ってない。


SUEDE。いいですね、UKロック。Vo.の現代ロックミュージシャンのアイコンのような佇まい。長身、細身、シャツの胸はだけ。ちょっとフレディ入ってる動き。そして元ポリのカヨのようなGui./Key.がすごく気になりました。そんな各人のキャラ付けも込みで印象に残った。


AKG。もう安定感がハンパないっすね。セッティング中、周りの10代ぐらいの集団が「踵で〜」の振りの練習を始め、「まさか踊っちゃうのか?」と胸がザワつく。踊れないくらい混め!もしくは「踵で〜」演奏するな!ぐらいに重い気持ちに。ただ始まってしまえばキラーチューンの畳みかけで暴れるだけ、「踵で〜」のときにはサプライズでステージにダンサー達が現れ、「ホンモノ」を踊って帰ったのでさっきの心配は杞憂に。しかしこれから定番化したらやだなあこれ。これだから若さはいやなんだ!

丸一日音楽を浴び続けた多幸感はやはりフェス独特のものです。アウトドアダメ人間にはクーラーの効いた屋内でのフェスが一番いいんです。やっぱりいいなナノムゲン。9月は野外、京都音博行くんですけどね。